江戸情緒が楽しめる日本橋・神田・浅草の紹介

江戸の町へ夜行バスで行こう!

日本橋・神田・浅草など日本有数の観光地のある東京へは多くの人が訪れたことがあるでしょう。その用途として飛行機や電車を使う人は多いと思います。そんな皆さんの中には夜行バスは“乗る時間が長い”や“ずっと座っているので疲れるから”などと思っている人が人が多くいるでしょう。 しかしそんなことはなく夜行バスには夜行バスならではのよいところがあるのです。 まず1つ目は何といっても料金が安いことです。平均的に2000円~4000円前後とリーズブルな値段で乗ることができ、さらに多くの会社が往復割引や回数券、学生割引などの割引を実施しています。 そして2つ目が充実したサービスです。長く乗ることを考えて作られているため、快適な環境が整っています。トイレやブランケット、スリッパ、読書用ランプを用意しているところが多くあり、また一部の会社ではドリンクのサービスを行っています。

夜行バスで気をつけること

夜行バスに快適に乗るためには自分で環境を作ることも大切です。夜行バスで気をつけるべきことを紹介します。
まず1つ目は服装です。バスによっては空調が効いていなかったり、逆に効きすぎていたりなどということが多くあります。その対策として、ボタンやファスナーなどの付いた脱ぎ着のしやすい服を着ることをおすすめします。
また、いすに座っているとはいえ、寝ているうちに服装が乱れてくるこがあります。特に女性は胸元の開いた服やスカートを着てしまって寝返りを打ってはだけて下着が見えてしまうことがあるようなのでそこも気をつけて服装を選ぶことが大切です。
そして2つ目はモバイルバッテリーを持っていくということです。夜行バスは夜に出発し朝に現地に付くのが特徴ですが、その途中で携帯電話などの電源が切れてしまい目的地到着まで電池が持たないという事も。その時にモバイルバッテリーがあれば、万全の状態で旅行を楽しめるでしょう。

コンテンツ