夜行バスの中で快適に過ごす方法

体温調節することを考える

夜行バスで移動をする際、快適に過ごすためにはいったいどのような方法を採ると良いのでしょうか。
まずは、体温調節をすることを第一に考えると良いでしょう。夏は暑いと思ってしまいがちですが、バスの中ではクーラーが入っていますので、想像以上に寒い思いをすることがあるでしょう。また、冬はその逆で、ヒーターが入っていますので汗ばむほどの気温になっていることがあるのです。寒すぎたり暑すぎたりすると上手く眠ることが出来ませんし、最悪の場合は風邪をひいてしまいます。
ですので、体温調節が出来るような服装をしておかなくてはいけません。カーディガンやストールなどを上手く駆使して、風邪をひかないように心がけると良いでしょう。

アイマスクや耳栓を駆使する

続いて、一定の時間を過ぎると夜行バスの中は消灯されることになりますが、高速道路の常夜灯などが邪魔をして上手く眠ることが出来ない場合があります。カーテンの隙間から強い光が入ってきて瞼を刺すのです。そのような光から目を守るためには、アイマスクを使用すると良いでしょう。完全に暗くすることが出来ますので、自然と深い眠りに落ちていくことでしょう。
また、他の人のいびきや寝息が聞こえてしまうと目が冴えてしまうことがありますので、耳栓も準備しておいた方が良いかもしれません。バスのエンジン音もシャットアウトしてくれます。
アイマスクも耳栓も、バッグに入るくらいの小さなアイテムですので、常備しておくと便利でしょう。

コンテンツ